善光寺御開帳オフ会


オフ会報告

 今回のオフ会は善光寺御開帳! 前立本尊との結縁を結んで所願成就、極楽往生まで約束される御利益満載の旅です。
 が、さすがは7年に一度の大行事。それも期間中の最大イベント『中日庭儀大法要』の日とあって、そこら中は人の波。門前にたどり着く前から参道には人が溢れ、少しずつ少しずつ進んでいけば、境内では身動きが取れない状態に。大法要は人の頭越しに朱傘を見るのが精一杯という有様でした。(帰ってから調べてみると、この日はなんと38万人もの人が訪れていたそうです。恐ろしい……。)でも善光寺の庶民信仰のパワーというか熱気が伝わってきて、楽しかったです。祭りは人が多ければ多いほど盛り上がるものですし。


 

 左は参道の人並み。遠くにちらっと見えるのが善光寺の三門です。右は中日庭儀大法要です。朱傘を差されたお坊さんがずらりと並び、壮観な眺め。


 

 本堂に入ったお坊さん達のお経が終わると、大本願(浄土宗の本坊)へと帰っていきます。900人ものお坊さんがいたそうです。右の写真のように、着飾った稚児達もいました。可愛くて綺麗です。


 

 御開帳のシンボル、回向柱。本堂へと伸びる綱は『善の綱』と呼ばれ、前立本尊の右手に結ばれています。この柱に触れることにより、本尊との結縁が結ばれます。


 

 早朝は宿坊の方に案内されて本堂へ。お朝事では内陣、さらに前日に回向の申し込みをしていたため内々陣にも入り、お坊さん達の読響を聞きました。その後御開帳巡りや輪蔵回し、御印文頂戴、写経等数々のイベントをこなして善光寺を満喫。右の写真は御開帳巡りの順番待ち行列です。私達はお朝事の後にそのまますんなり入れたのですが、出てきた頃には二時間待ちの行列になっていました。(本当に宿坊に泊まったおかげで助かった〜)


BACKNEXT
HOME