宿坊研究会 〜座禅・写経・精進料理など、楽しさ満載!〜  
宿坊
座禅・阿字観
写経・写仏
精進料理
寺修行体験
 
滝行
神道・巫女体験
人生相談
寺社カフェ・バー
お寺ヨガ
 



 
仏像BAR TERA リンク
電話 06-6585-7185 坊主バー
 チャージ(おつまみ付き) 800円
 カクテル 800円
アクセス ・大阪市営御堂筋線「心斎橋駅」下車、3番出口から西へ徒歩5分
・大阪市営四つ橋線「四ツ橋駅」下車、1Aまたは2番出口から北へ徒歩2分
特徴・見所

 仏像の魅力に魅せられたお坊さんが開いたバーです。店内には多くの仏像が並び、仏像について語り合う場になっています。

ほーりー記

仏像BAR TERA(大阪) photo : 360度カメラ研究会(http://camera-360do.com/) by ほーりー - Spherical Image - RICOH THETA

↑上の360度写真はRICOH THETA(リコー シータ)で撮影しました。マウスで動かせますよ。

 心斎橋駅から徒歩5分、大通りを歩いていると仏像バーの看板が出ており、場所はすぐに分かりました。看板のある角を曲がった先のビル7階に『仏像バー』はあります。入り口には「僧侶がアジアで見つけた本格仏像に癒される空間」と書かれていました。

 ビルの入り口はオートロックがかかっていますが、インターホンを押して「お店に来ました」と告げると中に入れてもらえます。そのままエレベーターを上がって7階に行くと、ドアの前に仏像が置かれたお店がありました。

 (ちなみにお店の前の仏像はパドマサンバヴァというチベット密教の開祖で、泥で作られているそうです。このため重いし慎重に扱わないと壊れるため、持って帰るのが大変だったそうです)

 こちらのマスターは真言宗のお坊さんです。店内にはたくさんの仏像が並んでいますが、どれもインドやネパール、それに日本などで見つけられたものとのことです。

 アジアの仏像は日本の木造とは違い金属製が多いですが、一つ一つ回りながらそうした仏像の歴史や見方、仏教美術についてなど説明して下さいました。

蓮マンダラ
蓮マンダラ

 その中でも特に私が目を引かれたのは『蓮マンダラ』。蓮の台座の中で8体の供養女に囲まれた仏様が立つ、日本ではまず見ない仏像です。

 中心のご本尊は女性を抱いており、こうしたエロティックな表現はインドの神様にも通じます。

 しかしなんというか、めちゃくちゃかっこいいです。まずそもそも仏像が前から見ることを想定されていない。あえて言えば上から見ること想定なのでしょうか?

 文章で書くと難しいですが、外から見ると開きかけた蓮の花の隙間からご本尊を覗く形式で、見て存在を感じるというより、そこにいことを感じる仏様という気がします。

 ちなみにそのうちの一体を実際に手で持たせて頂きましたが、金属製だけあってずっしりと重い。こうした五感で体験できるのも、美術館ではない仏像バーならではの仏像との接し方ということでしょう。

 またあべのハルカスにも出展された『亀に乗った弥勒菩薩』。亀は長寿の象徴で健康を祈願して作られたのではと仰っていましたが、大きな亀の甲羅に蓮華座が置かれ、その上に腰をひねって立つ美しい仏様でした。ちなみにこの仏像はあべのハルカス出展中、945万円という金額が付けられていたようです。

 店内にはこうした仏像が壁一面に配置され、カウンターとテーブル席が2つあります。薄暗い店内にはアジアの民族音楽のような曲が流れ、カウンター前のモニターには仏像が製作されている映像も流れています。カクテルを傾けているとそれだけで気持ちよくなり、仏様に囲まれた居心地の良さで酔った気分に浸れました。

 ちなみにマスターの杉山さんにもお話をいろいろと伺いましたが、まずは何よりも「仏像に囲まれながら癒され、そして仏像について語れる場所でありたい」とのこと。その中で特に印象的だったのは、「ここは坊主バーではない」というお話でした(宿坊研究会では「仏像バー」というカテゴリはないため、坊主バーに入れさせて頂いちゃっていますが)。

 お客さんとは流れで仏教の話をすることもあるが、お経の唱え方や仏教作法などはお寺に行って聞いてほしい。それよりもここではまず「仏像」について気軽に触れられる場所でいたいとのことです。バーを開いたのもお酒を間に入れることで、仏像について敷居をなくして話せる空間を作りたかったからとのことでした。

 そんな場所ですのでお店に来られる方も仏像が好きな方が多いようです。私が来た時も隣に常連さんがいたのですが、その方と好きな仏像について熱く語り合ってしまいました。

 また杉山さんのお話でもう一つ熱がこもっていたのは、「ニセモノではなく本物の良い仏像を紹介したい」というお話でした。杉山さんご自身がネパールを旅して仏像に魅入られた方ですので、探し回って見つけた本当に良いものだけを置いているそうです。逆にそうした場所であるからこそお客さんの目も肥えてきて、仏像に対する感性や知識も増していくのだとも。とにかく仏像に関しては徹底したこだわりが感じられます。

カクテルとおつまみ
カクテルとおつまみ

 さらに仏像について話すのも「私は詳しくないので」なんて前置きはいらない。好きなことを話せばそれでいいとのことでした。ですので初心者もそんなに臆することはないでしょう。

 それとお酒はビールやウィスキー、カクテル、ソフトドリンクなどが用意されています。またピラフやソーセージ、チーズ盛り合わせなど軽い軽食やおつまみもあるようです。

 私の場合はチャージ(おつまみセット付き)のほかにカクテル2杯で合計2400円でした。バーとしてもそんなに高い値段ではありません。

 ということで仏像やお寺が好きな方は、ぜひ一度行ってみることをお勧めします。マスターは気さくな方ですし、お店に来られる方も仏像が好きな方ですので、きっと楽しめると思いますよ


あなたの寺社体験談を募集中です。よろしければ こちら から、お寄せください。




 宿坊研究会からのお知らせは『メルマガ寺社旅研究会(メールマガジン)』で配信しています。よろしければご登録下さい。購読は無料です。


メールアドレス      

メルマガバックナンバー




寺社旅研究家 堀内克彦(ほーりー)のプロフィール



イベント情報をもっと見る


HOME