宿坊研究会 〜座禅・写経・精進料理など、楽しさ満載!〜  
宿坊
座禅・阿字観
写経・写仏
精進料理
寺修行体験
 
滝行
神道・巫女体験
人生相談
寺社カフェ・バー
お寺ヨガ
 



 
傳通院 リンク
電話 03-3814-3701 写経会 2000円(茶菓子代含む)
お寺ヨガ教室 1000円
住所 東京都文京区小石川3-14-6
アクセス 東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅」下車、徒歩10分
特記事項

 毎月第一土曜日(1月・8月はお休み)午後2時から写経会が行われています。小筆または筆ペンは各自で持参です(販売もされています)。お気軽にお問い合わせ・お申し込みくださいとのことです。

 毎月1回、土曜日13時30分〜14時45分にお寺ヨガ教室が行われています。会場は傳通院繊月(せんげつ)会館2階です。参加希望の方はホームページ(上の赤い家のアイコンよりリンク)にあるお申込フォームから送信して申し込みます。なお、参加時は動きやすい服装が良く、ヨガマットは貸出用もありますが数に限りがあるため、お持ちの方はご持参下さいとのことです。

ほーりー記

 傳通院の写経は本堂の地下にある部屋で行われます。本堂へと上がる階段の脇に下に降りる階段があり、通路に面して大きな写経室がありました。こちらの写経会は筆だけ持参です。その場で購入することもできますが、小筆200円、筆ペン500円でした。筆を選んでも硯や墨汁は用意されているので、手ぶらで行っても筆さえ買えば問題ありません。

 写経室に入ると、まずは受付を済ませて写経のお手本を受け取ります。このお手本の特徴は、般若心経だけでA〜Eと5種類用意されていること。何が違うの? と、思われるかもしれませんが、楷書になっていたり崩した旧字体になっていたり、その時の気分や初心者・熟練者などの写経の慣れ具合で選ぶことができます。ちなみに私は一緒に行った人達がみんな初心者用を選んでいたので、背伸びして中級者向け? の、お手本を選んでみました。

 でも、これが結構難しい〜。素直に初心者用が正解かもです。

 そしてお手本と一緒に紙のマスクとお勤め用の経本が渡されます。紙のマスクは写経するときに写経用紙(=仏様)に息がかからないようにするためのものです。また経本は写経中は使わないので横においておきますが、中には般若心経も書かれているので写経中に読み方が分からなかったら開いてみても良いでしょう。

 そしてこちらの写経会場ですが、全て椅子席です。席についてしばらく待ち、14時になると写経開始。お坊さんが一人一人参加者の左手に塗香を乗せ、両手ですり合わせて身体に沿わせ、写経前に身を清めます。

 続いて鐘の音が鳴り響き、同唱十念。「南無阿弥陀仏」をみんなで十回唱えます。この辺はさすがに浄土宗のお寺らしいところです。それが終わると一斉に写経を書き始めます。参加者は約50人ほど。シーンと集中した時間が流れていました。

 開始から40〜50分すると、今度はお坊さんの仏教講座が始まります。写経が終わった方はその講座を聞き、終わっていない方は聞きながら写経を続けます。私が行ったときには縛られ地蔵を題材に、人の苦しみを代わりに受ける(代受苦)、お地蔵さんのことをお話されていました。

 そしてそれらが終わると部屋の奥から本堂へと上がり、ご本尊の阿弥陀如来に写経を奉納します。本堂へと続く廊下には象の形をした香炉が置かれていましたが、煙の沸き立つ香炉を男性は左足で、女性は右足でまたいでさらに身を清めます。

 写経用紙を一人一人奉納してご焼香が済むと、最後に貫主様が堂内に入場して一斉にみんなでお経を唱えます。開経偈や般若心経など様々なお経を15分ほど唱えますが、最初に渡された経本通りに進んでいきますので初めてでも安心して読経することができました。

 最後に元の写経室に戻り、お菓子とお茶で軽く一服。飲み終わったら解散です。お坊さんたちも最初から最後まですごく親切で、初めて写経する人が多いと伝えると、写経の手順なども分かりやすく説明してくださいました。14時から始まって、終わったのが16時30分くらい。写経のほかにも盛りだくさんで、とても楽しく参加できる写経会でした。

あなたの寺社体験談を募集中です。よろしければ こちら から、お寄せください。




 宿坊研究会からのお知らせは『メルマガ寺社旅研究会(メールマガジン)』で配信しています。よろしければご登録下さい。購読は無料です。


メールアドレス      

メルマガバックナンバー




寺社旅研究家 堀内克彦(ほーりー)のプロフィール



宿坊ではないけど東京5000円以下の宿

イベント情報をもっと見る


HOME