宿坊研究会 〜座禅・写経・精進料理など、楽しさ満載!〜  
宿坊
座禅・阿字観
写経・写仏
精進料理
寺修行体験
 
滝行
神道・巫女体験
人生相談
寺社カフェ・バー
お寺ヨガ
 



 
宿坊かげゆ リンク
電話 0463-95-2004 一泊二食11000〜15000円
(団体割引あり)

ホームページにサービス優待券があります。
アクセス 小田急線「伊勢原駅」から、バス「大山ケーブル駅行」にて20分「大山駅」下車、すぐ
駐車場 宿坊横にあります。
特徴・見所

 食事は精進とうふ会席料理です。

ほーりー記

 伊勢原駅からバスで20分、大山の麓の宿坊街にあります。こちらでは何と言っても豆腐料理がおいしかったです。

 夕食は

1.珍味三点盛−春 : うど、梅クラゲ、菜花
2.八寸(金) えび、牡蠣
3.小付け 酢シメにしん
4.お吸い物 豆乳と緑野菜
5.奴豆腐
6.お造り 山芋とすき身の生湯葉巻き
7.蒸し物 大和芋ベース
8.飛竜頭 揚げ出し
9.豆乳鍋 出汁で味付けした豆乳で、豆腐をいただきます
10.ご飯 焼おにぎり茶漬け
11.香の物
12.デザート 豆乳ゼリーに小豆をのせて

 そして別注文で、猪鍋

朝食は
1.湯豆腐 昔からのスタイル。昆布を入れて、醤油たれもいっしょに温めます。
2.のり
3.おからサラダ
4.納豆
5.かまぼこ・わさび、こんにゃく佃煮
6.蕎麦・温泉玉子 半熟状にした地元子易産の玉子(温泉で温めたわけではありませんが)。
7.ご飯と香の物
8.味噌汁 豆腐と若芽
9.デザート 果物 ヨーグルトと豆腐のソース

 と、このように、夕も朝も名物の豆腐が中心です。

 特に印象に残った夕食の料理としては、まずは奴豆腐。やっぱり豆腐の味を一番シンプルに味わえる料理だと思います。豆の味がじわっとかみ締めて出てくるようで、でもすごくさらっと食べられる味でした。そして豆乳鍋。豆乳で煮たてられる豆腐が甘く、豆腐の里だな〜と実感します。

 さらに変わったところでは大和芋の蒸し物。すりおろした大和芋が茶碗蒸しのように蒸され、クリーミーに泡だっています。ふわふわっとした食感と、じわっと伝わる甘さは初めて食べた味でした。そして飛竜頭。厚めのころもを割ると、中からはホクホクのカボチャが出てきます。飛竜頭といえば、いろいろな具材がごちゃ混ぜに入っているイメージがあったので、これもちょっと新鮮でした。

 また、別注文の猪鍋。いのししの味ってどんなのだろうと思っていましたが、脂身が少なくさっぱり系です。豚より牛肉に近い感じがしたのは不思議です。

 最後は焼きおにぎりのお茶漬けと豆乳ゼリーのデザートで締め。その他、これまた名物の竹酒なども頂きましたが、豆腐料理と日本酒ってあいますね〜。最高でした。

 しかし豪華さではもちろん夕食と比べられはしませんが、実は私が一番驚いたメニューは朝食にありました。

 それはなんと「おからサラダ」。実は私はそんなにおからが得意ではなく、出てきたときに心の中で「しまった〜」と思ったのですが、食べて見るとびっくりするほど、おいしい! 豆腐料理がおいしいというのはある意味予想通りでしたのでそんなに驚きはなかったのですが、おからが美味しいというのには、ものすごい衝撃がありました(おからに一番驚いたなんて言ったら、宿坊の方に怒られそうですが……)。

 また私が泊まったのは2月28日の大山寺五壇護摩の日。実はかげゆさんは宿坊サミットなどにも参加頂いて、以前からお付き合いさせて頂いていたのですが、今回は特別にご手配頂き、大山寺の五壇護摩にも間近で参列させて頂きました。

 本堂に五つの護摩壇を並べるこちらの祈祷は、全国でもかなり珍しい形式のものです。暗い堂内に火柱が上がり、お経や鳴り物、大太鼓などが打ち鳴らされる儀式は、ものすごい見応えがありました。


あなたの寺社体験談を募集中です。よろしければ こちら から、お寄せください。




 宿坊研究会からのお知らせは『メルマガ寺社旅研究会(メールマガジン)』で配信しています。よろしければご登録下さい。購読は無料です。


メールアドレス      

メルマガバックナンバー




寺社旅研究家 堀内克彦(ほーりー)のプロフィール



イベント情報をもっと見る


HOME