宿坊研究会 〜座禅・写経・精進料理など、楽しさ満載!〜  
宿坊
座禅・阿字観
写経・写仏
精進料理
寺修行体験
 
滝行
神道・巫女体験
人生相談
寺社カフェ・バー
お寺ヨガ
 



 
紹太寺 リンク
電話 0465-22-7760 普茶料理5250円〜
(4人以上で要予約)
アクセス 小田急線「小田原駅」から箱根登山鉄道に乗り換え、「入生田駅」下車、徒歩5分
特記事項

 黄檗宗の名物、普茶料理(中国風の精進料理)が頂けます。豆腐やゴマ、植物油を使い、季節の食材を生かした料理です。

 境内には春日局の墓があり、樹齢約320年、高さ14mの枝垂桜(4月上旬が見頃)でも有名です。

ほーりー記

 普茶料理は一卓四人で座り、和気あいあいと食事をするのが作法です。料理は大皿、取り箸もなし。上下身分の関係もなく食事をして下さいとの説明がありました。ちょうど桜の季節に出かけたので、窓の外から薄ピンクの光が花びらを透かして入ってきて、料理と共に素晴らしい花の風情も堪能できました。

 食事はまず、柚の甘露煮がお茶菓子として出され、甘みを感じながら一服。そこからはもう中国風精進料理のオンパレード。箏羹(しゅんかん)、唐揚(とうやん)、掩菜(つぁーさい)など、読み方もあやふやな料理が続きます。

 特に印象に残った料理は3品

○麻腐(まふ)=胡麻豆腐。

 こちらの胡麻豆腐は白ごまを深煎りしてから摺るとのことで、見た目は褐色です。このお寺の自慢の一品とのことですが、口に含むと何かコーヒーのような香りが漂って、今までに食べたことのない衝撃の胡麻豆腐でした。

○油茲(ゆじ)=味付け天ぷら

 遊び心があり、一番食べていて面白かったのがこの精進天ぷらでした。かりかりの昆布、つけもの、こんにゃく、べにしょうが、桜の葉でくるんだお饅頭、梅干し、たらの芽と、具が独創的で最高です。特に梅干しは1週間ほど塩出ししてあり、酸っぱさはなく、むしろ甘い味がしておいしかったです。

○味噌煮(みそに)=みそ汁

 みそ汁という説明がありましたが、甘くてみそ汁と言う感じではありませんでした。みそ煮込みうどんみたいな感じです。でも具は豆腐となめこなので、なかなか不思議な感じがしました。

 そして竹の子ご飯が最後に出てきますが、こちらは行堂(ひんたん)と呼ばれる、取っ手のついた桶に入っています。この取っ手は周りに迷惑をかけないように、自分で引き寄せてご飯を盛ることができるようにとのことです。

 食事の途中には小指大のとっくりに入った般若湯も出てきます。これを同じく極小おちょこに注ぐのですが、これがまた難しい。あっという間に満杯になってしまうので、こぼさないためには技がいります。こちらは飲むためのお酒ではなく調味料なので、一滴一滴口に入れてくださいとのことでした。

 食事のあとは有名なしだれ桜の見物。樹勢が衰えてきているとのことで、枝の末端は少し元気がなさそうでしたが、高さは13Mもあり、大きく枝を伸ばした姿は圧巻でした。またそのあとは春日局のお墓参りや、境内から見渡せる相模湾なども眺めてきました。
体験者の声

 初めての普茶料理は中華の精進? と最初は想像もつきませんでしたが、肉・魚は使われていなくても、腹持ちも良くしっかりとおなか一杯食べた感がやはり中華。味付けはほんのり甘めの味付けが多く、卵焼きは甘い派の方はきっと好みに合うと思います(私好みの味でした〜♪)。とはいえ、薄いだしのきいたもの。暖かいもの、冷たいものと変化がついて、飾り切りや、花を添えた料理は彩りもあでやか。緩急つけて飽きる事はありません。

 印象的な料理の数々を以下つまみ書き。

 凍み豆腐の炊いたのに極薄レモンを挟んだものが爽やか〜。初めての味覚!

 豆腐の御椀に咲いた八重桜と野甘草の花。モズクの様に細く漂っていた生姜はどう刻んだのか謎。

 饅頭を塩漬桜の葉で巻いて胡麻油で揚げたもの。塩気と餡子の甘みが天麩羅にマッチ。

 同じく天麩羅の中に一掴み位の華やかな赤い掻揚げが・・・と思っていたら正体はまさかの紅生姜! なのに天麩羅にされると油のマジックかマイルドで乙な味になっているから不思議。「こんなに一度に紅生姜食べるの初めてかも」とおとなりの方がつぶやいてらしたけど、同感です!

 特筆すべきは名物 胡麻豆腐。深緑の小鉢の中にチョコレートプディング状の茶色い四角い物体。添えたワサビの緑が鮮やか。箸の先でもちもち逃げる豆腐をつまんで口に入れますと・・・鼻の両穴から「焙煎→」と二筋溜め息が出て行くのが良く判ります。香ばしい〜! 食感が「ぷにぷに」というか「にょきにょき」というかこれまた絶品でした。

 料理を堪能した後は有名な長興山の枝垂桜を見に行く事に。昔はここ一帯広大な寺域だったものが、火災や衰退で今は跡形も無くのどかなみかん山になっていました。

 予想していたより、たくさん、たくさん、たくさんの階段を上り、林を抜けてふっと開けたところに、主役の樹齢320年以上といわれる枝垂桜が現れました。

 間近から見上げるとちょっと枝先が力なく心ともない印象が、少し高台から見下ろすと正に大きな傘のよう。堂々と広がった姿はまだまだ迫力十分です。頭上にぴょこっとでた子傘がお茶目。周りの見物客も皆宴会でなく、三々五々と景色の良いところに陣取ってそれぞれ桜を愛でている様子が感じがよかった。

 山あいの桜の向こうには青い海。目も幸せ。おなかは満ちて口も幸せ。言う事無しの春の日でした。

 実は自分は歴史に疎いので、しおりを読んでみても一族の栄枯盛衰や人間相関は良く分からないのです。しかし一族が栄えていて、先ほどの桜がまだ若かった頃建てられた石碑に「瓔珞桜」と名前が刻まれていたのが、何百年も愛されてきた桜の長い歴史を物語るようで、ちょっとじんとしたのでした。
体験者の声

 箱根登山鉄道・入生田駅は、急行(途中から各駅)で新宿から2時間かかります。ちょっとした小旅行です。開始時間が11時半と決まっているので、早起きしてやってきました。

 紹太寺へは歩いて5分くらいです。まず本堂へ行き、お参りしました。それから茶室のような新しい部屋に案内され、食事が始まります。我々の他にもう1組おりました。お天気も良く、お庭の桜も満開でした。

 料理が運ばれるたびに、写真撮影に勤しんでいました。料理の説明にメモする方も。次から次へと運ばれるお料理に驚かされます。中華風の精進料理なので、胡麻油が沢山使われているようで、ボリュームを感じました。

 私は冷酒をいただきましたがガラスの徳利? にも菜の花が添えられ、趣が感じられました。だいたい2時間半くらい和気藹々といただきました。

 しだれ桜まではお寺から700m。石段を登っていきます。酒の入った私には、心臓破りの階段でした。(ぜーはー)遠く相模湾も望めました。

体験者の声

 黄檗宗の紹太寺ではお経なども中国風の発音で読まれているとのことでしたが、食事にも中華テイストが溢れていました。胡麻油や胡麻和えの多用で腹持ちがし、ビーフンや中華丼のあんの様な、馴染みの味もありで楽しめました。もちろん筍などの地元の山菜もたっぷりで、山の春を堪能です。そして窓から見える満開の桜!! 食後に向かった山上のしだれ桜もベストタイミングでした。

体験者の声

 お料理ですが、(少し前に行った)萬福寺、海宝寺、閑臥庵とはまた味が違いますよといわれておりましたので、ちょっと期待しておりました。実際そのとおりで、流れ(普茶作法)←勝手に命名 は一緒でしたが、料理の味は上記3寺とはまた違った味になっておりました。

 中でも印象に残ったのは、コーヒープリンではなくコーヒープリンのようなゴマ豆腐でした。こんがりコーヒー色した如何にもプリン? といった豆腐でしたが、食べてびっくり大変こくのあるゴマの風味を生かした味わいになっておりました。何丁でも食べれます。美味しかったです。料理にはそれぞれの土地柄もあるんだなあと思いました。

 食事後桜見学、山を少し登りましたが大変見ごたえのある桜で、心が休まりました。美味しいものを皆様と食べ、美しいもの見るという至高の一日でありました。

追加情報

 『精進料理紀行(P56〜57)』 『お寺でいただく精進料理 首都圏編(P31〜35)』でも特集されています。

あなたの寺社体験談を募集中です。よろしければ こちら から、お寄せください。




 宿坊研究会からのお知らせは『メルマガ寺社旅研究会(メールマガジン)』で配信しています。よろしければご登録下さい。購読は無料です。


メールアドレス      

メルマガバックナンバー




寺社旅研究家 堀内克彦(ほーりー)のプロフィール



イベント情報をもっと見る



最新ブログ記事



HOME