宿坊研究会 〜座禅・写経・精進料理など、楽しさ満載!〜  
宿坊
座禅・阿字観
写経・写仏
精進料理
寺修行体験
 
滝行
神道・巫女体験
人生相談
寺社カフェ・バー
お寺ヨガ
 




万葉集名歌の風景 (鉄野昌弘・牧野貞之)

 万葉集の美しさを、言葉と、写真で表現した本です。

 万葉集は平城の都があった奈良はもちろん、東国、九州、山陰、山陽、越中から紀の国と、様々な土地で生まれた歌が集められています。また歌人のラインナップも天皇や貴族ばかりではなく、一般庶民や防人の歌までもが収められています。

 そんな歌集だからこそ、万葉の時代に生きた人々の想いが、目にした風景が、生活の一端が、垣間見えるのかもしれません。本書では『人を恋うる情景』、『古(いにしえ)に思いを馳せる』、『生きる喜びを歌う』の三章立てで、全55編の歌が紹介されています。

 歌が歌われた背景も、その時の歌い手の想いも、分かりやすい訳と解説が付けられているため、すっと万葉の世界に入ることが出来ます。そしてオールカラーの美しい写真が舞台となった風景を切り取り、雰囲気を盛り上げてくれます。

 春の野に
 すみれ摘みにと
 来し我そ
 野をなつかしみ
 一夜寝にける

 山部赤人の歌ですが、こんな率直で繊細な春の温かさが、言葉を通して伝わってくるのです。あなたもこんな春の心地よさに、身をゆだねてみませんか。

(レビュー:ほーりー)



万葉集名歌の風景

万葉集名歌の風景

↑ご購入は、こちらからどうぞ。
目次
ブックレビュー

コンテンツ
Amazonでの購入方法


BACKNEXT
HOME